MY STORY

 

 

 はじめまして *inoayu* です。

 

 

 

 

私は幼少期より 幻想的で美しいものがとても好きでした。

自宅の仏壇は特にお気に入りの場所

仏具や装飾品の美しさを 心躍らせながら眺めている

一風変わった子供でした。

 

 

精巧な細工の厨子

黄金色にほころぶ双肩の蓮

それらは ろうそくのゆらめきに表情を変え 

 

脇に据えられた燈ろうや提灯は

ほのかな光と淡い色彩で 恍惚へと誘う…

 

 

その空間は とても幻想的で 綺麗で

私は子供ながらに その造形美に魅了され

飽きることなく眺め続けることができたのです。

 

極楽浄土を思い描きながら 澄んだ気持ちになり

癒しというものを 無意識に感じていたのかもしれません。

 

 

 

 

高校時代

仏教美術の美と 日本の美に興味を持ち

おとずれた京都という街。

 

 

造形美はもちろん

言葉では語りつくせない 歴史の重み

情緒あふれる 洗練された景観

それらと調和して ともに生きる人々…

 

生活の中に 洗練された美がとけ込み

誰もが 身近に美とやすらぎを感じられる…

 

その美しい光景に心熱くなり 惹かれていったのです。

 

 

 

この文化を連綿と伝えていくには…

美しく壮大な造形美を残していくには…

 

 

そんな思いから 東北芸術工科大学 美術史・文化財保存修復学科に入学し

立体造形の保存修復を専攻。

それと同時に 西洋美術や現代アートにも触れ

日本美術のみならず 西洋美術の技法 描写表現なども学んでいきました。

 

 

 

 

あるとき 偶然訪れたカフェで見たひょうたんランプ。

そこで私は大きな衝撃を受けたのです。

 

ひょうたんの薄い殻から 自然のままに透け こぼれる光の粒

黄金色に辺りを照らす姿…

 

柔らかく あたたかく やすらぐ光

自然の美 と 造形の美

 

 

幼少期 仏壇の前で魅了されていた幻想的な美しさ

京都で感じた 生活の中に溶け込む美

私の中で ひょうたんのあかりと見事に重なった瞬間でした。

 

 

 

あかりにはとても大きな力があります。

 

して 光があれば影ができます。

すべてには陰と陽がある。

それが 自然な姿で美しい…

 

 

私があかりに魅せられるのは

光と影で織りなす その温かさと愛

すべてを包んでくれる やすらぎの空間を

そこに作りだせるからです。

 

 

私もそんなあたたかな存在を作りたい。

日常生活に ほんの少し 光を届けたい。

 

 

そうして装飾あかりに魅せられ 自ら制作を始めました。 

 

 

そんな想いから Selene Lighting Factory は生まれたのです。

 

 

 

 

現在、地元山形にて活動中です。

 

全国各地イベント等出店・販売しております。

 

 

 

 

My favorites

 

照明、あかり、ろうそく、月、花、植物、蛍、オーロラ、

山形、京都、北欧、お寺、神社、旅行、温泉、春、星占い、生け花、

美術館めぐり、綺麗なもの、幻想的なもの、アーティスティックなもの、

穏やかなこと、 and more…